男性の体の変化

尿の違和感に悩まされた原因は非細菌性前立腺炎

昨年、突然おしっこのことで悩まされるようになりました。おしっこが頻繁にしたくなるのに、実際には大した量が出なかったりかと思えばトイレに行ったあとに尿漏れが起きたり、残尿感がひどいなど実に様々な症状が起きたのです。

 

いくつかの泌尿器科に掛かりましたが原因はハッキリしませんでした。最初こそ尿検査で血尿が確認されたものの、尿検査を続けるに従い段々と数値が通常の値に近づき最終的には通常値に戻ってしまいました。それで治ってくれれば問題がなかったのですが症状は続き、最終的に東京の有名な泌尿器科に掛かることになりました。

 

東京の有名なお医者さんなだけあってかなり混雑しており待たされましたが、診察自体はかなりスムーズに行われました。先生に私の症状を伝えると、前立腺炎だと診断されました。しかし既に掛かっていた病院の尿検査で前立腺炎の可能性が否定されていたことを伝えると「それだけで何が分かるの?」と返され言葉に困ってしまいました。先生によれば尿検査で分かるのは細菌が原因である前立腺炎だけで、非細菌性前立腺炎の場合尿検査では異常が出ないことが珍しくなかったようなのです。

 

非細菌性前立腺炎の原因はストレスや自律神経失調症など様々な要因が絡み、男性ではよく見られる病気であるとのことでした。診察の後、漢方薬を含めた薬を処方されしばらく服薬することでどうにか症状は治まってきました。完治したのかどうかは正直に言って自信がないのですが、東京に行くのは手間が掛かってしまうので再度以前のような症状が起きるまでは様子を見ようと思っています。もし私と同じような症状に悩まされており、近くの泌尿器科に通っても原因が分からない場合は一度非細菌性前立腺炎の可能性を疑ってみてはいかがでしょうか。