男性の体の変化

怪我をしてから健康のために私がしていること

 

長年、背中の痛みに悩んできました。背中の痛みなどと書くと、年齢がかなり上かと思われてしまいそうですが、私はアラサーです。そして悩んでいたのはさらに若い時、大学生でした。

 

私は当時、一人暮らしをしていました。その部屋にはロフトが付いていました。そのため、当然のようにロフトを寝床にしていました。これですでに察することができるかと思いますが、そうです、ロフトから落ちたのでした。朝起きて、ロフトから降りる時に寝ぼけていたせいもあり、梯子から足を踏み外してしまいました。そのまま落ちて、背中を強打してしまったわけです。

 

最初は堪えて、大学の講義もきちんと聞いていたのですが、あまりの痛みにさすがに辛くなり、保健室へと行きました。湿布を貼ってもらい、家でおとなしく寝そべっていたのですが、一向によくならず、痛みも増すばかりでした。何だか背中だけではなく、前の方も苦しくなってしまい、仕方なく病院へ行きました。小さな所だったのであまり詳しいことは分からず、そのまま救急車で大きな病院に搬送されました。

 

検査を受け、診断してもらいましたが特に異常は見当たらず、入院すると費用もかかるので頑張って帰りました。しばらくしても痛みはなかなか思うようには治りませんでした。ピシッと立っていることができないのです。少しだっているだけでも背中が痛むので、頻繁に伸ばしたり、捻ったりして、ストレッチしないと痛くて仕方がありませんでした。接骨院などにも長く通っていましたが多少痛みがとれたくらいで、そこまでは変わりませんでした。

 

ある時、ちょっとぽっちゃりしてきてしまった私はダイエットをすることにしました。食事制限は辛かったので運動を始めたのです。よくあるエクササイズDVDを購入し、家で毎日のように運動をしました。それに合わせて、筋トレもしました。少しすると、体を絞ることができました。それと驚いたことに背中の痛みが消えたのです。

 

運動をすることによって、背中が鍛えられ、痛みを他の部位がカバーしてくれたのです。それからはダイエットに関係なく、健康のために運動を続けています。やはり、使っていないと筋肉は衰えていくものです。これからも怪我などはするかもしれませんが、上手に運動をして健康を保っていきたいと思っています。