男性の体の変化

定年に近づくと健康のことが気になってきました

 

あと2年で定年になりますが再雇用するか別の仕事につくかそのままリタイアするか正直迷っているのは健康を維持できているかが重要になってきました。先日同じぐらいの年代の職場の人が会社で倒れてしまい入院することになりました。仕事で建物から出た直後で左半身がマヒして動けなくなり近くの人が救急車を呼んだみたいですが、別の場所にいたので気が付きませんでした。

 

別の職場で再雇用の人がいますが少し前に脳溢血で倒れたときに支障がでてリハベリして仕事を継続していると直接話を聞きました。毎日大量の水を飲むことを医者から言われているので今からでも遅くないので飲んだ方が良いとアドバイスを受けました。それ以来水筒を持参して無くなくなると会社の給茶機からお茶を補給して飲むようにしています。

 

40代のころから高血圧と診断されてから毎月薬を処方してもらいため、近くの内科に通院していますが待合室には多くの人が待機しています。高齢の方が大半ですが50代の人も見かけます。診察室に入ってもすぐにでてくるので高血圧やその他持病の薬を処方してもらう人が多いと推測します。近くに調剤薬局があり他の人が何を処方してもらっているのか薬剤師の説明する話が聞こえてくるのですが、血圧関係の薬が多いように思います。

 

3分間診療と言われますが、血圧も病院に最近設置された血圧計で診察前に自分で測定して計測された用紙を先生に渡すシステムに変更になってからさらに診察時間が短くなってきています。いつもと変わらない数値なので安心していますが、さらに年をとってもこのままの数値を継続できるのか不安なところもあります。会社では毎月会報が発行されていますが、最後のページに訃報が掲載されています。50代以上で亡くなる人も多く、突然の出来事で戸惑っているという内容が多いのが気になります。仕事を継続するのに一番大切なのはやる気や生活のためもありますが、前提として健康であることだと最近実感してきています。

 

健康を維持できるように日頃から注意しなくてはと思っています。